早漏を治して男を上げろ!

外人より早漏になりやすい日本人はクリームが予防策

日本人は人種的に早漏になりやすいと言われています。
性機能は個人差が大きい箇所であり、日本人は早漏体質、他の外人はペニスのスタミナに優れている、と一概に結論付ける事は出来ません。
しかし、大まかな傾向として確かに外人の方々はペニスの耐久力に優れており、10分以上のピストンが可能な白人男性の方々も少なくありません。

日本人が外人に比べて早漏になりやすいのは、包茎率が高い事が背景に隠されています。
人種的に日本男性は包皮が剥けづらく、いわゆる思春期の頃に多少無理をしてでも皮を剥ききる対策が必要です。
また外人のペニスと日本人のペニスでは、そもそも硬さが異なります。
単純な長さは外人の方が優れていますが、硬さの面では日本人の方が一枚上手です。
日本人男性と性交した白人女性が皆、口を揃えてペニスの硬さを褒め称えています。

ただ、ペニスの硬さゆえ、日本人男性は膣から受ける触感に敏感過ぎる体質となり、
やはり意識的に射精を我慢してピストンしないと、早漏のリスクから逃げ切れません。
早漏が心の悩みになっている方は、対策としてペニス用クリームを使ってみましょう。
ペニス用クリームを性交前に塗りこんでおけば、アダルトビデオの男優さんのような耐久性溢れる状態になります。

10分以上のピストンがクリームを予め塗るだけで体験出来ますので、女性をベッドの上で満足させたい方には最適なアイテムでしょう。
クリームの成分やメーカーによって塗り方や塗る量は違いますので、説明書はきちんと読まなければいけません。
特殊なクリームですが、大衆向けのネットショッピングサイトに並んでいますので、その気になればいつでも購入可能です。
早漏予防策は多々ありますが、クリームは成功率が高く、10分から30分を超えるピストンが可能となり、
性交で二度、三度と女性をフィニッシュ状態にさせてあげられます。