早漏を治して男を上げろ!

かゆみ止め医薬品で早漏対策する利点と難点

早漏は病気ではありません。明確な医学的定義は定まっておらず、いわゆる射精をほとんど我慢出来ない体質の俗称です。
ただ病気ではないものの、厄介な体質である事は事実で、日本人の間でも早漏は大きなリスクと考えられています。
独身の男性であればそれ程大きなリスクはないかもしれません。
しかし、妻や特定のパートナーが居る場合は、その体質によって女性を満足されられません。
男としてのプライドに傷が入りますし、女性から「あなたって早漏ね」等と言われてしまえば、心が一気に折れてしまう事でしょう。

早漏を治す方法として、市販されているかゆみ止めの医薬品を使うやり方があります。
かゆみ止めの医薬品にはリドカインという麻酔薬の成分が入っており、局部に塗りこむ事で、亀頭が外部からの刺激に強くなります。
リドカインを含むかゆみ止めの医薬品はドラッグストア等で安く販売されており、男性が個人的に早漏を治せる応用的テクニックとして有名です。

ただ、女性がそのテクニックに理解を示してくれれば問題はありませんが、
膣内にかゆみ止めが散布された陰茎が挿入される事に不快感を訴える女性は珍しくありません。
リドカイン自体、男女の性器にリスクを与えるものではないですが、本来のかゆみ止め以外の使い方をした場合、
健康上の安全性は保証されませんので、いわゆる自己責任の早漏対策になります。

同じ局部に散布するなら、正式に早漏対策薬として製造された海外医薬品の方が安心です。
リドカインを含む早漏対策薬なら、かゆみ止め以上の効果と安全性を得られますし、肝心の効果も応用テクよりも格段に上になります、
挿入時間が普段の二倍から三倍に増加するため、ピストンの最中でむざむざと射精してしまう事はありません。